車金融とは

車を担保にしてお金を借りると聞くと、自動車ローンがまず思い浮かぶと思います。自動車ローンを提供しているところは、ディーラーやクレジット会社や銀行などがあるのですが、自動車を購入するための資金をじどゆしゃを担保にして借りるというものです。

ところが、同じ自動車を担保にするにしても、その目的が自動車の購入に限られないものもあるのです。

それが「車金融」と呼ばれている金融です。車金融はその名前の通りで、車を担保にお金を借ります。自動車ローンの場合、それが自動車の購入に限られてくるのですが、車金融ではお金の使途は原則自由となっています。どのような目的に利用しても構わないのです。

車金融を使うことでのメリットで一番に挙げられるのが、多くのお金を借りることができる可能性があるという点です。

車金融では車の価値に応じてお金を貸してくれるものなので、担保となる車の価値が高ければ高いほど、単純に借りられる金額も大きくなってきます。

消費者金融で100万円借りようとしたとして、審査や総量規制の関係もあるためなかなか借りようと思っても借りることができないのが現実です。

また、車金融では、車を担保に設定するので、返済が滞った時は、担保である車を没収すればいいだけのことです。消費者金融でお金を借りる際には保証人も単費も設定しないのでその分だけ審査が厳しくなっています。単費の有無により、車金融の審査はあまり厳しくはないのです。

もし、車のローンがまだ残っている場合でもその車を担保にしてお金を借りることができるのか・・・というが気になりますよね。
ローンの残債については、業者によって対応が分かれています。基本的には残債が残っている自動車であってもお金を借りることは可能だそうです。ですが、あまりにも残債が多額な場合には、融資金額とのバランスにより、断られることもあります。

担保となる車の扱いについてですが、車を預ける必要はありません、乗ったまま現金融資などのような看板もあるのですが、その言葉通りです。

質屋でお金を借りるときに、お金を借りている間は質草を質屋に預けることになっていますよね。しかし、車金融の場合は担保となる車に乗ったままお金を借りられるようになっていますよ。これなら、日常生活も車検のときにも安心ですよね、

審査などを急いですぐにお金を借りたい場合はこういったところがオススメです。
こちら

車金融は消費者金融よりも手軽で簡単にお金を借りることができそうな感じなのですが、注意点があります。

まず、査定金額ですが、担保にする車を売却すれば300万円の価値があったとしても、驚くほど低い査定額が提示されることがあります。30万円や50万円など・・・

業者によって査定金額は異なるのですが、基本的には一定の相場の下での金額設定となっているので、他の業者に査定をしてもらったからと言って爆発的に金額が大きくなるということはないので気を付けてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>